So-net無料ブログ作成
検索選択

5/18 消化器内科 [診断前]

カメラの日
出勤の前に病院立ち寄り。

カメラを入れる前に看護士さんから
「この液体を5分間口に含んでください」
時計を見る。
5分経過。
飲み込む。
「はい。ここに出してください」
「飲み込んじゃいました(*゚▽゚)ノ」
「え?まあ、いいですよ」
ほんと?
出すなら出すって言ってよ!

先生登場
「5分で済みますから我慢してくださいね」

えずく、えずく。(ウェッウェッ!)
「先に胃を見ておきますね」
(ウェッウェッ!)
「きれいな胃してますよ」
(ウェッウェッ!)

すでに5分は経過

では食道見ましょう。

5分の約束は?

「少し荒れてますね」
「あれ?この血は?」
「ちょっと待ってくださいね」

(ウェッウェッ!)

「あー。ここ撮影しておきます」

え?何?何があるの?

(ウェッウェッ!)

そして、撮影終了。
先生と看護士さんが慌ただしい。

「えー。順番に説明します」

いや。核心を突いてください。

「胃は綺麗なものです」
「そしてここは食道。少し荒れてます。逆流性食道炎だと思います」
「そして、これです」

映し出される大きな塊。
どう見ても腫瘍です。

「何ですか?これ」
「大きな病院紹介しますので、よく調べてください」
「何ですか?」
「うかつに言えないので」

先生の顔が険しい。

「こんなにでかいのは、ガンだとしたら末期ですか?」
「末期とかは、どうかは。。。。」

そして、大学病院への転院の手配をしていただく。

ガンだと言われた?
頭の中は真っ白.....

妻に電話する。
「けっこう悪いみたい(嗚咽混じり)」
「うん(嗚咽)」
「とりあえず、一旦帰るね」

家に帰ると、妻は号泣中。
そりゃそうだわ。
まだ新婚ともいえる時期。
子供も生まれたばかり。

望みは捨てないが、もしかしたらの場合が恐い。
2人を残すのは辛すぎる。

もっと幸せでいたかった。
もっと幸せにしてあげたかった。
オレと結婚しなければ、もっと幸せになれたんじゃないか?
もうしわけなさでいっぱい。

でも会社行かなければ。
頭フラフラのまま、会社へ向かう。
会社で仕事は進めるが、上の空。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。